ラブコンをデカ目系カラコンごとにまとめてみた

バレにくいカラコンや限りなく裸眼に近いナチュラルなカラコンの人気も高まっていますが、カラコンを着けるならやっぱりがっつりデカ目に盛れなければ意味がない。というデカ目派の方も多いですよね。
カラーやデザインの好みは様々ですが、デカ目系がお好きな方に共通していることは、着色直径が大きいこと。
人によっては宇宙人や白目が埋まってしまって怖い。と言われることもあるかもしれませんが、あえて宇宙人ぽさを好む方も少なくはありません。
もちろん激盛りサイズに合うようにメイクを工夫している方もたくさんいらっしゃいますし、くりっと大きな瞳は女性らしさの象徴でもあると思います。
デカ目カラコンの魅力は、なんといっても眼力を強調できること。
ここでは、ラブコンカラコンの中で、デカ目系に分類されるカラコンをピックアップしてご紹介致します。

◆撮影時の環境が異なるため、光源や色味に差があることは予めご了承くださいませ。

ラブコンカラコン公式通販はコチラ
http://lovekon.jp/
ラブコンカラコン公式通販サイト

『タルトブラウン』

ラブコンカラコンタルトブラウン ラブコンカラコンタルトブラウン ラブコンカラコンタルトブラウン ラブコンカラコンタルトブラウン

タルトブラウンは、外周はぼかしのない濃いめの着色。
センターに向けて少しずつトーンを上げてグラデーションされた、チョコレートカラーのワントーンカラコンです。
グラデーションとはいっても、ぼんやりと濃淡をつけてあるのではなく、山形のグラフィックデザインに沿って少しずつ明るさ変えてある着色です。
そのため外周は濃い目のチョコレート、内側が薄いブラウンに変化していますが、使われているカラーは同色ですね。
ダークブラウンは黒コンにも見えてしまいやすいですが、タルトブラウンは装着してもしっかりチョコレートカラーです。
特徴のあるグラフィックですが、着けてしまうとデザインは目立つことがなく、ちゅるんとしたつやがキレイなワントーンカラコンだと思います。
外周部分にぼかしがなく、しっかりめの着色ですので細いフチがついているようにも見えるかもしれません。
黒に近いくらい裸眼ですが、馴染みは良好で、黒目と着色の境界はアップになっても分かりませんでした。
肝心の着色直径は、実測で14.5mmほど。
一般的なデカ目カラコンでも小さいという方でも不足は感じにくいと思います。
しっかりメイクが推奨ですが、ナチュラルなデカ目カラコン派の方におすすめのタルトブラウンです。

『ティアラグレー』

ラブコンカラコンティアラグレー ラブコンカラコンティアラグレー ラブコンカラコンティアラグレー ラブコンカラコンティアラグレー

ベタ塗りに近い濃いブラックの中央から、白よりのグレーが花弁を広げるデザインのティアラグレー。
面積の広い黒部分はしっかり着色ですが、アクセントのグレーは透け感のある塗りになっています。
白っぽいグレーではありますが、裸眼の色と混ざるので発色は控えめ。
ブラックのセンターにふわりしたと明るさをプラスしてくれる印象です。
ラブコンではグレーカラコンに分類されていますが、黒コンにほんのりグレーを足した程度と考えてもいいかもしれません。
単色の黒コンとは違い、瞳に立体感が生まれるのでのっぺり感はなし。
くりっとしたデカ目に盛れるカラコンですが、甘さよりもややクールよりイメージになるかもしれません。
潰さずに計測した着色直径は14.5mmほど。
ぼかしのない濃いブラックがメインカラーということもありますし、全体的にダークトーンのカラコンですので、サイズ以上の盛り感を楽しめます。
激盛りサイズやダークカラーは甘めになってしまう傾向が強いですが、ティアラグレーはグレーが加わることで大人っぽさを感じるカラコンですね。
特大サイズのデカ目カラコンがお好きな方なら、誰でも使いやすいデザインやカラーだと思いますが、個人的にはガーリーやドーリーから少し背伸びしたい方におすすめしたいカラコンです。

『テディブラウン』

ラブコンカラコンテディーブラウン ラブコンカラコンテディーブラウン ラブコンカラコンテディーブラウン ラブコンカラコンテディーブラウン

ラブコンのランキングでも高い人気を誇るデカ盛りカラコンがテディブラウン。
太く濃いベタ塗りの黒フチは、内側に向かって幾何学模様のようなグラデーションへと変化しています。
ブラックのグラデーションにイエローブラウンが重ねられているので、フチは濃いブラック。センターに向かってブラックとイエローブラウンが混ざり合うデザインですね。
テディブラウンの特徴は、ぼやけたグラデーションではなくカラーがしっかり独立して重なりあっていることだと思います。
そのため、レンズのみを見ると裸眼との馴染みが心配になりますが、装着すると溶け込むように自然です。
太フチの存在感はそのままに、ややトーンを落としたイエローブラウンが透け感を感じさせる発色。
ビー玉系のちゅるんとしたサークルデザインがお好きな方にもおすすめのデザイン。
フチが分離した印象は少ないので、ビー玉系ももう少しナチュラルで馴染みやすく。と感じている方にはぴったりだと思います。
サイズはラブコンでも特大サイズの14.8mm。
フチがくっきりすることもありますし、ダークカラーですので激盛り度は最大級です。
テディブラウンは、レンズの印象よりもベタ塗り感はなく、フチと透明感の組み合わせを楽しむことができるカラコンですので、ガーリー系や可愛い系がお好きな方におすすめですよ。

『クッキーブラウン』

ラブコンカラコンクッキーブラウン ラブコンカラコンクッキーブラウン ラブコンカラコンクッキーブラウン ラブコンカラコンクッキーブラウン

デカ目カラコンというと、ブラックやチョコといったダークカラーが中心になりがちですが、色素の薄さを楽しめる明るいカラーにもデカ目カラコンはあります。
クッキーブラウンは、ドッドで構成された薄いブラウンのフチに明るいベージュの組み合わせ。
フチと同色のカラーが不規則な形でレンズカラーの上に乗っています。
全体的に薄く透け感のある着色と、オレンジっぽい柔らかい色合いが特徴のクッキーブラウン。
光源の問題で画像は暗くなってしまっていますが、暗い裸眼でも色素薄い感を楽しめる明るい発色でした。
裸眼と色の差があっても馴染みはよく、違和感はなし。
フラッシュありの撮影などでは、ふんわりとした明るく自然なデカ目に写りましたので、プリクラや自撮りにもぴったりだと思います。
ハーフ系ではありませんが、色素薄い系に憧れている方にはおすすめできるカラコンですね。
実測のサイズは14.3mm程度。
粗めですがフチがドッドであることを考えると、体感はもう少し小さめかもしれません。
他の激盛りカラコンと比較すれば、ややナチュラルサイズともいえますが、デカ目派の方でも14.0~14.3mm付近がもっとも使いやすいサイズだと思いますし、ナチュラルかつ盛れるカラコンだと思います。
服装やメイクを選ばないので、普段使いにもぴったりのクッキーブラウンです。

『ジュディーブラウン』

ラブコンカラコンジュディーブラウン ラブコンカラコンジュディーブラウン ラブコンカラコンジュディーブラウン ラブコンカラコンジュディーブラウン

派手めで高発色。サイズはもちろんカラーのインパクトも強いジュディーブラウン。
チャコールブラウンのフチに明るいゴールドベージュのレンズカラー。
フチはドッド着色ですし、レンズカラーには隙間があり、センター付近はぼかしがかかっています。
デザインとしてはとてもシンプルですが、暗い瞳にも負けない発色の強さと適度な隙間から覗く裸眼が虹彩模様のようにも見え、猫の目のような印象に。
ブラウンというよりもゴールドやイエローといったカラーになると思います。
環境光や裸眼の色にも左右されにくい強さですが、瞳孔周りやレンズカラーから覗く虹彩のコントラストを考えると、明るい茶目さんの方が馴染みはアップするかもしれませんね。
着色直径は実測で14.6mm程度。
濃いめのしっかりしたフチですので明るいカラーでもぼやけることがなく、デカ目効果も十分。
ジュディーブラウンの場合、可愛らしくなりやすいデカ目カラコンとは対極ともいえるカラーです。
ハーフ系にも分類されていますが、発色の強さからみてもコスプレやイベント向きともいえますし、派手盛りしたいギャル系の方にも向いているかもしれません。
デカ盛りサイズのカラコンでは異色といえますが、デカ目カラコン派の方にも派手カラコンがお好きな方もいらっしゃるはず。
のジュディーブラウンは、サイズだけではなくカラーやデザインも同時に楽しみたい方におすすめです。

【ラブコンデカ目系カラコンまとめ】

デカ目系のカラコンは基本的にサイズのみに着目していますが、ピックアップしてみるとダークカラーのナチュラルデザインが多い傾向があります。
そのため、ガーリー・ドーリー系と区別がつけにくいということもありますね。
以前は特大サイズの派手盛りカラコンも多かった印象がありますが、派手めのカラーやデザインは小さめに。
激盛りサイズはシンプルにと変化している印象がありました。
カラーやデザインも楽しみたいデカ目派の方も少なくはないと思いますし、バリエーションが増えてくれるのを期待したいところ。
ハーフ系やギャル系・ガーリー系に分類しているデカ盛りサイズもありますので、ぜひラブコンをチェックしてみてくださいね。

ラブコンカラコン公式通販はコチラ
http://lovekon.jp/
ラブコンカラコン公式通販サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です