サクラブラウンのレビュー&装着レポ

ラブコンカラコンサクラブラウン

ラブコンカラコン公式通販はコチラ
http://lovekon.jp/
ラブコンカラコン公式通販サイト

サクラブラウンはこんなカラコン!

ガーリー・ドーリーの特徴といえば、丸目に盛れるちゅるん系が挙げられると思います。
ダークカラーのワントーンカラコンやデカ盛りサイズなども思い浮かぶテイストですよね。
同時に、太い丸フチで薄いレンズカラーのカラコンも捨てがたいところ。
キャンディや飴玉にもたとえられていた、ガーリーの王道です。
サクラブラウンは、太いく丸い黒フチに薄いレンズカラーの組み合わせ。
しっかりとしたフチで黒目の輪郭を強調しつつ、透明感のあるレンズカラーは馴染みも重視してくれます。
もちろんしっかり盛れるデカ盛りサイズですので、お人形のようなくりっとした丸目に盛れることは間違いなし。

ラブコンカラコンサクラブラウン

ガーリー・ドーリー派の方の中では、ワントーンカラコン愛用者とサクラブラウンのような太フチ愛用者に分かれるかもしれませんが、サイズが同じなら自然さを残しつつ盛れるのは太フチタイプ。
ワントーンカラコンは透け感が低いものが多いので、べったりした印象になりやすいというデメリットがあります。
もちろんその質感が好きという方も多いですけれども、裸眼の色に左右されず生っぽさを残しながらガーリーに盛るならサクラブラウンはおススメ。
ちゅるんとした丸目に盛れるとても可愛いカラコンですよ。

ラブコンカラコン公式通販サイト
http://lovekon.jp/

サクラブラウンのスペック

ラブコンカラコンサクラブラウン

DIA:15.0mm
着色直径:16.0mm
BC:8.7
含水率:38%
度数展開:無度数・-0.50・-1.00~-10.00
価格:3,480円(税込み)
使用期限:1年

サクラブラウンのレンズ画像

ラブコンカラコンサクラブラウン

太い丸フチはブラックですが、くっきり塗りつぶしたような黒ではなく、やや毛羽立ちが見られるのが特徴ですね。
ぼかしというほどではないものの、多少外周や内周がざらついていますし、着色もベタ塗りではありません。
フチの内側に配置されているレンズカラーはオレンジがかった薄いピンクベージュ。
着色がかなり薄く、着色範囲も狭いですがフチからセンターに向けてグラデーションになっていますね。
余分な装飾を一切省いたとてもシンプルなデザインです。
着色直径は16.0mm表記ですが、潰さずに計測しても14.5mmほど。
しっかりデカ目に盛れるサイズになっています。
レンズ質は薄く柔らかでコシのないクタクタ系。ぺろんと薄いので取り扱いにはご注意を。

サクラブラウン公式画像新・旧比較

ラブコンカラコンサクラブラウン

リニューアル前↑
リニューアル後↓

ラブコンカラコンサクラブラウン

ラブコンのリニューアルに伴って、レンズのデザインや質、レンズ画像が変更になったものも多いですが、サクラブラウンのレンズ画像もずいぶん異なっています。
旧デザイン画では、フチもレンズカラーもくっきりぱっきり濃い目の印象ですね。
カラーもピンクの強いブラウンですし、着色もしっかりめ。
新デザイン画では、全体がぼやっと不鮮明になっていて、かなり粗いドッド。
カラーもイエロー系のブラウンが薄く乗っているかな?という感じになっています。
リアルなレンズ画像と比べていただくと分かりますが、正直どちらにも似ていませんね。
フチのざらつき感やレンズカラーの薄さは新デザイン画に近いといえますが、デザインがほど粗くはありませんし、薄くもない。
かといって、旧デザイン画ほどくっきりもしていない。
デザイン・色合いともに、新旧の中間といったところかもしれません。

サクラブラウン装着画像

裸眼画像

『裸眼スペック』
縦横・黒目ともに大きめ。
裸眼は比較的透けにくく、カラコンの発色がしにくい暗い瞳です。

ラブコンカラコンサクラブラウン

多少フチの毛羽立ちは分かりますが、太フチちゅるん系であることは一目瞭然。
しっかりフチが主張してていますし、レンズカラーは裸眼の色に上手く馴染んでくれています。
裸眼が標準よりもかなり黒いため、明るめのレンズカラーが乗ると分離することも多いんですが、サクラブラウンは着色範囲が狭いにもかかわらず、色合いはふわっと明るく、着色部と裸眼部の色差も分かりにくい着色ですね。

ラブコンカラコンサクラブラウン
左:裸眼/右:カラコン

太フチちゅるん系の特徴でもある、黒の丸フチも浮きすぎることはないアクセントになっています。
サイズも大きいですし、裸眼サイズとの大きさはかなりのもの。
盛れ度の高さははっきりしていますが、ベタ塗り着色ではないため宇宙人っぽいのっぺりした重さは軽減されているのではないでしょうか?
以前は盛れるカラコンというと、くっきりフチありが定番でしたが、流行の変化でフチなしに押されつつあることも確か。
しかし、改めてこうして装着してみるとやっぱり可愛いんです。

ラブコンカラコンサクラブラウン

ガーリー・ドーリーの方の王道と書きましたが、意外と大人女子でも使いにくくはなく、ほんのり女の子らしいファッションであればハマりはいいですね。
カジュアルよりは女性らしい服装の方が似合いますが、メイクやファッションも少し女子力を上げて見ようというときにはおススメです。
フチ感はあるものの、色合いはナチュラルカラーですしデザインも込み入っていないので、派手すぎるということもありませんよ。

ラブコンカラコンサクラブラウン

角度を変えてもセンターの透明部分と着色部分の境目がわからないと思います。
サクラブラウンは着色内径が広めの設計なので、瞳孔周りが丸く抜けてしまう可能性もあるデザインなんですが、グラデーションの処理がとても丁寧に行われているということでしょう。
存在感があるのはフチのみのナチュラルさですので、むしろフチがしっかりしていてくれた方がアクセントになるのではないでしょうか。

サクラブラウン総評

デカ目:★★★☆☆
発色:★★★★☆
透け:★★★★☆
盛れ感:★★★★☆
ナチュラル感:★★★★☆
ハーフ感:☆☆☆☆☆
使用感:★★★★☆
コスパ:★★★★☆
『総合評価』:★★★★☆

ベタ塗りではないからだと思いますが、実測のサイズよりやや体感は小さめかもしれません。
その分使いやすくなる方も増えるかも。
ハーフ系ではないので、そちらの評価はできませんが、それ以外は申し分なし。
フチあり・フチなしは好みの問題だと思うんですけどれも、普段はフチなし使用率が高くてもたまにサクラブラウンのようなくっきりフチのカラコンを着けると、これはこれで可愛いなぁ。と感じます。
カラコンらしいカラコンですので、職場や学校向きではないですが、休日のお出かけには活躍してくれるレンズではないでしょうか?
余談ですが、クリスマスやバレンタインなど、いつもよりちょっと女子力を強調したいときには重宝するカラコンでもありました。

サクラブラウンの感想まとめ

ガーリー・ドーリーと区別すると、レースやフリルひらひらという印象が強くなりますが、サクラブラウンは正直そこまで服装やメイクを盛らなくても十分馴染んでくれるカラコンです。
シャープやパンツスタイルや、ギャル系向きではないかもしれませんが「ちょっと可愛い系」でもばっちりハマってくれます。
フチなしばかり使っているという方も、一度フチありにチャレンジしてみると新たな魅力を発見できるかもしれませんよ。

ラブコンカラコンサクラブラウン

ラブコンカラコン公式通販サイトはコチラ
http://lovekon.jp/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です